センター過去問

センター試験の過去問をちょっと違った解法で説明しいるページです。
数学1Aと数学2Bで分け、さらに1年分を1ページにまとめると長くなるので、1問1問分けてあります。
各単元のポイントは攻略まとめに集めていますが、
このセンター過去問ページでは試験場で何をするのか、各問題ごとにポイントとなることを解説として加えてあります。
決してスマートな解答とはいえませんので、「きれいに解きたい」ではなく、
「少しでも得点したい」というときに参考にして下さい。

  1. 2018年度センター試験過去問数学ⅡB第4問(ベクトル)解答と解説

    センター試験2018年、平成30年度の数学ⅡBの第4問の解答解説です。選択問題になるベクトルですが統計的推測を選択しないことが多いので実質必修で最後の問題と…

  2. センター試験過去問 2018年(平成30年)度数学ⅡB第3問(数列)の解答と解説

    2018年(平成30年)度のセンター試験過去問、数学ⅡB第3問(数列)の解答と解説です。等差数列、等比数列から階差数列までありますが、基本的なことが多く誘導…

  3. センター試験過去問 2018年(平成30年)度数学ⅡB第2問(微分積分)の解答と解説

    2018年、平成30年度のセンター試験過去問数学ⅡBの第2問の解答と解説です。第2問は微分積分ですが(1)(2)に分かれていてそれぞれが別問題となっています…

  4. センター試験過去問2018年度の数学ⅠA第5問(幾何)の解答と解説

    2018年、平成30年度のセンター試験(過去問)の数学ⅠA第5問の解答と解説です。選択問題としての幾何分野となります。直角三角形から方べきの定理、メネラ…

  5. センター試験過去問2018年度の数学ⅠA第4問(整数)の解答と解説

    2018年、平成30年度のセンター試験数学ⅠAの第4問の解答と解説です。例年通り、第4問は選択問題の整数でした。約数の個数や一次不定方程式が出ていますが…

  6. センター試験過去問2018年度数学ⅠA第2問(三角比とデータの分析)の解説

    2018年度、平成30年度のセンター試験の数学ⅠAの第2問の解説です。三角比とデータの分析の範囲ですが問題数の割に内容を読み取る分量としては多いです。昨…

  7. センター試験過去問2018年度数学ⅠA第3問(確率)の解答と解説

    2018年、平成30年度のセンター試験過去問、数学ⅠA第3問(確率)の解答と解説になります。場合の数と確率という範囲ですが、今年は確率のみに見えます。た…

  8. 2018(平成30)年度センター試験数学ⅡB第1問(三角関数と指数対数)の解答と解説

    2018年、平成30年度のセンター試験数学ⅡBの第1問の解答と解説です。三角関数と指数・対数の問題になりますが解説は模範解答とはいえませんので、きれいな解答…

PAGE TOP