2016年度(平成28年)センター試験「化学基礎」の出題内容の確認です。
実際に出された過去問題の解説をしながらセンター化学基礎の実態を書いておきます。同じ問題は出ないにしても傾向はつかめます。問題は省略しますので過去問(問題集など)を参考にして下さい。

問題の最初から見ていきます。最後にまとめますので一応最後まで目を通しておいて下さい。
問題ごとの詳細はサイト内の記事にあるので参考にして下さい。

平成28年度の問題は大学入試センターにもあります。

⇒ 2016(平成28年度)センター試験「化学基礎」問題

第1問

問1-同位体

同位体(アイソトープ)とは?

⇒ 原子の質量数と同位体(アイソトープ)

「同位体どうしは質量数が異なるだけ。」です。
中性子数が異なるので質量数が異なりますが電子数や他の原子との結合の仕方など、化学的性質は等しいですね。
問題では「誤りを含むものを選べ」なので、「電子数が異なる」というところが誤りです。
原子量や放射性同位体についても書いてありますが正しいです。

問2-電子式

⇒ 分子式と組成式との違いと共有結合の仕組みと電子式

問題は2つあって、「非共有電子対が存在しない」と「共有電子対が2つある」物質を聞いています。
非共有電子対とは共有結合に使われていない電子対のことで、
 \(\mathrm{NH_4^+}\) はすべての電子対が結合に使われているのでありません。
共有電子対は共有結合に使われている電子対で2つあるのは「\(\mathrm{H_2O}\)」だけですね。
電子式は価電子を・で表した式なのでかけるようになっておくことです。
分子やイオンの中では水素は2個か0個、それ以外の元素は8個あると考えて数をそろえていくと上手くいきます。

問3-電子配置

⇒ 原子の電子配置 電子殻と電子数

原子番号と陽子の数は等しく、イオンになっていなければ電子の数も等しいです。
問題は「記述に誤りを含むもの」を選ぶ問題。
イオン化エネルギーは電子を放出して陽イオンになるときのエネルギーで小さいほど陽イオンになりやすいです。イオン化エネルギーが大きいのは安定な電子配置を持っている希ガスとなります。
他の記述は周期表から正しいことが分かります。

問4-化学結合

⇒ 結晶の種類と性質 化学結合の違いは?

ややこしい表現が多いですね。笑
ただ、オキソニウムイオン( \(\mathrm{H_3O^+}\) )の配位結合は一度形成してしまうともとの共有結合とは区別はつきません。

⇒ 配位結合は共有結合?錯イオンと配位子名

問5-物質量(mol)の計算問題

⇒ 物質量(mol)とモル質量と原子量の関係

問題文がややこしいそうに見えるので難しいと感じるかもしれませんが、そのようなときは分かることを書き出して見ましょう。見えてくることもあるかもしれませんよ。
合金ですが銅は関係ありませんね。
A2.8kgには4.0%のスズ、B1.2kgには30%のスズが含まれています。
Aには、\(\mathrm{2800\times 0.040=112g}\)
Bには、\(\mathrm{1200\times 0.30=360g}\)
のスズが含まれているので4kgの合金Cには

 \( \mathrm{112+360=472g}\)

のスズが含まれていることになります。
合金C1kgだとすると

 \( \displaystyle \mathrm{472\times \frac{1}{4}=118g}\)

のスズです。
スズの原子量は「119」と問題の一番最初のページに書かれています。(
これを見逃さないように注意しましょう。)
なので合金C1kg中に含まれるスズの物質量は

 \(\displaystyle \mathrm{\frac{118}{119}≒ 0.99(mol)}\)

問6-気体の発生をともなう実験(集気)方法

集気方法に関しては中学校の理科でもやっていると思うので説明はいらないと思いますが、
水に溶けにくい気体のときは水上置換、水に溶けやすく空気より軽いときは上方置換、空気より重いときは下方置換ですね。
この反応の場合発生するのは二酸化炭素ですので空気より重いから下方置換です。

 \( \mathrm{CaCO_3+2HCl \rightarrow CaCl_2+H_2O+CO_2}\)

反応式がかける方がもちろん良いですが、かけなくても推測はできます。
「石灰水」が出てくるときは二酸化炭素です。笑
二酸化炭素は石灰水を白濁させます。
問題は器具の「くびれ」ですよね。
これは液体と固体の両方を混ぜて気体を発生させるのですが、混ぜた液体と固体とを分離するときに利用します。傾けてくびれに固体が引っかかるように液体だけを分離するということです。イメージできますか?くびれのある方に固体を入れます。

問7-分離と精製

⇒ 混合物の分離と精製 ろ過・蒸留の注意点

記述に誤りがあるか全体を見る問題とは違い、「下線部が正しいか」を聞いています。
溶媒への溶けやすさの差を利用して特定物質を溶媒に溶かして分離する方法は「抽出」です。
沸点の差を利用して分離する方法は「分留」です。
ろ紙を用いて固体を分離する方法は「ろ過」です。
温度による溶解度の差を利用してより純度の高い物質を既出させる方法は「再結晶」です。
固体から気体へ直接変化する物質を分離する方法は「昇華法」です。

ここまでが第1問で、配点で50点満点中25点あります。

1つの問題で深く問われるのではなく、小問集合のようにいろいろな基本事項の確認になっていますよね。
難しいことは決して聞かれていません。
「基本を広く」
これが対策になりそうです。

続いて第2問を見ておきます。

⇒ 「化学基礎」過去のセンター試験問題(H28年度)の実態その2

参考にして下さい。

いいですか、出題分野にかたよりはありません。対策は基本事項の確認を広くすることです。
つまり、
1つに絞って難しい問題を解いたりという対策をするのではなく広く浅くでいいということです。