過去の記事一覧

  1. センター試験数学対策

    微分を使って直方体の容積の最大値を求める方法

    長方形の紙の角を切り取ってきる直方体の体積(容積)の最大値を微分を使って求める問題の解説です。微分を利用すると関数の増減が分かりますので、増減表だけで片付く…

  2. センター試験数学対策

    極値(極大値・極小値)を持つ条件と持たない条件

    極大値や極小値などの極値は関数によっては必ず存在するわけではありません。極値を持つ条件と極値を持たない条件が良く聞かれるので説明しておきます。極値とはど…

  3. センター試験数学対策

    微分を使った接線に垂直な法線の方程式の公式と求め方

    微分係数を使った法線の方程式の公式と求め方です。ここでいう法線とは接線に垂直な直線のことなので、ベクトルを使う方法もあるのですが微分係数を使って求めることも…

  4. センター試験数学対策

    微分を使った接線の方程式の求め方(接点が曲線上にある場合と無い場合)

    微分係数を用いた接線の方程式の求め方を説明します。接線を求める問題では接点が与えられた曲線上にある場合と、曲線上に無い場合とで少し難易度が変わりますが基本的…

  5. センター試験数学対策

    導関数f'(x)の関係式からもとの関数f(x)を求める問題の解き方

    関数を微分すると導関数が求まりますが、導関数についての関係式があるときの元の関数の求め方です。単純に積分すれば求まる定積分の問題ではなくて、微分の範囲での条…

  6. センター試験数学対策

    微分係数と導関数の定義および微分の公式

    微分係数と導関数の定義から微分の公式までの説明をしておきます。微分では独特の表し方や記号があるので意味を確認しておきましょう。本来なら連続性の確認からす…

  7. センター試験数学対策

    対数を使って整数の桁数や小数第何位に初めて数字が現れるかを求める問題の解き方

    整数の桁数や小数で0以外の数字が初めて現れるかという問題を対数を使って解く問題の解説です。これらの問題は底を10とした常用対数だけを使うことになるので、底に…

  8. センター試験数学対策

    指数関数・対数関数の最大値最小値問題の解き方

    定義域がある指数関数と対数関数には最大値や最小値が存在する場合があります。範囲によっては値が存在しないときもありますがそれも含めての解き方です。関数なの…

  9. センター試験数学対策

    対数不等式の解き方と対数関数のグラフの利用

    対数の底や真数に未知数がある不等式の解き方です。対数関数のグラフをイメージしながら解けば、指数の方程式や不等式も同じ要領で解くことができます。方程式とい…

  10. センター試験数学対策

    指数不等式の解き方と指数関数のグラフの利用

    指数に未知数を含む不等式の解き方です。まとまっている数を置き換えして解くのは方程式の場合と同じですが、不等式は大小関係でもあるのでグラフを利用すると簡単…




PAGE TOP